BCG接種後、コッホ現象出現!経過を【写真付き】で詳しく説明します。

BCGの予防接種時に、コッホ現象についての説明を見たり聞いたりしましたか?

予防接種手帳にも記載されているこのコッホ現象

 

まさか我が子に起こるとは思ってもみませんでした。

もちろん偽コッホ現象ではなく、真のコッホ現象

 

BCG接種後に赤くなったりすれば不安で検索する人も多いと思います。

事例も、ちゃんと記録として残っているものは少ないんですよね。

私も不安になった1人です。かなり検索しました。

みかん

 

これから、我が子のコッホ現象の経過について詳しく書いていきます。

私がどう行動していったかも書き記していくので、今、コッホ現象かどうか悩んでいる方は参考にしてくださいね。

コッホ現象とは

実はコッホ現象には【偽】のつく『なんちゃってコッホ現象』なるものがあります。

検索した時も画像は【偽】の方が多いんです。本物はほとんどが資料として使われてる用紙でした。

 

詳しくコッホ現象と偽コッホ現象について書いていきますね。

コッホ現象

コッホ現象とは、BCG接種後通常よりも早く接種跡に反応が起こることをいいます。

コッホ現象︰接種後10日以内(多くは2 ~3日以内)に針跡が赤く腫れ始め、膿んだりします。

そして早期に消退するのが特徴です。※我が子は早期に消退しませんでした。

通常の反応:接種後10日頃より、針跡が赤く腫れ、膿んだりかさぶたができたりします。

接種後5~6週間頃がピークで、その後3ヶ月頃には落ち着いてきます。

コッホ現象が出現するって言うことは、すでに結核にかかっていて、免疫反応が早く出てるってことになります。

これは小児科や保健センターで見てもらって、『本当に結核に感染しているのか』を判断してもらう必要があります。

偽コッホ現象とは

結核は抗酸箘って言う種類の箘なんですが、過去に類似の菌に接触したことがあればコッホ現象に似た反応が起こることがあるんです。

その場合、結核菌に感染しているわけじゃないんで偽コッホ現象って呼ばれます。

他にも、接種時に何らかの箘に感染してしまったり、皮膚が弱かったりすると偽コッホ現象が出現することがあります。

 

コッホ現象と偽コッホ現象の鑑別は見て判断できるものではありません!

経過を見ながら、必要に応じてツベルクリン反応検査などの追加検査を行って判断することになります。

とは言え、BCG接種の翌日に赤くなることはよくあるようで、ただ赤いだけなら偽コッホ現象にも当てはまらないことが多いようです。

コッホ現象の経過

コッホ現象が出現した第3子については、上の子供たちの経験から皮膚ケアは念入りにしてたんです。

皮膚の状態は悪くないし、考えられるんは接種時に何らかのバイ菌に感染した影響か結核などによる感染でした。

ここからはBCG接種後の経過を写真で見ていきますね。

BCG接種翌日

この時点ですでにコッホ現象を疑って、いろいろ検索し始めました。

先程説明した偽コッホ現象であれば、このあと発疹が引いていくはずなので3日は様子を見ようと決めます。

 

BCG接種後の赤みを訴えて診察に行かれる方のほとんどは偽コッホ現象なんです。

BCG接種後2日目

発赤増強。ブツブツも大きくなって不安も増していきます。化膿はしていません。

BCG接種後3日目

前日と比べてほとんど変わりないです。しっかり赤みもありますが化膿はしていません。

BCG接種後4日目

2日目以降はほとんど変わりなくて、角度や時間帯で少し変わる程度です。

BCG接種後5日目

化膿はしてませんが発疹もブツブツも引く気配はなかったです。

自分の中でコッホ現象確定。

※どっちも5日目の画像ですが腕の角度や撮影する時間帯でちょっと違うように見えます。どっちにしてもはっきり跡はある状態です。

 

コッホ現象はグレード1~6で表され、この時点では3くらいかと判断していました。

私の検索上、3と4がツベルクリン反応陽転の境。5と6が感染から発症の境。という印象です。

コッホ現象を疑ったあとの行動

最初に3日は様子を見ようと思ったものの、発赤は引くどころか『くっきりはっきり』見た目にわかるくらいでしたよね。

土日を挟んだこともあり受診できず、結局受診できたのは5日目でした。

 

その間の私はと言うと、検索魔と化していたんですよね。

でも、コッホ現象についての記事は少なくて写真もほとんどありませんでした。

不安は軽減されるはずもなく、どんどんどんどん増すばかり。

 

やっと月曜日の朝イチで小児科へ行ったんですが、ソワソワした落ち着けない不安と緊張と、ほんの少しの希望とで何とも複雑な感情でした。

 

保健福祉センターに行くんはハードルが高かったんで、微々たる希望を持って一先ずかかりつけの小児科へ足を運んだんですが…。

保健福祉センターに行くことを促されました。

やっぱりね。

みかん

 

さて、ここまで来れば保健福祉センターに行くしかないんで、電話してそのまま直行です。

 

が、しかし

 

保健福祉センターには医師が常時いてないらしいんですよね。

なので、その日は保健師さんと話をして、BCG接種跡の写真を撮っただけです。

 

そして、医師の来る二日後に再び行くことになりました。

その時に今よりもBCG接種跡が消退してなければツベルクリン反応検査をするんやとか。

 

嫌や。イ・ヤ・や!

早くツベルクリン検査して!

免疫が作られていくから結果が陽性になるやん。

 

なんて、言えるはずもなく帰宅したのを今でもはっきり覚えています💧

 

検索魔と化したことで、ある程度の情報は持ってたんですよね。

厚生労働省のホームページや都道府県別のコッホ現象の数、ツベルクリン反応の陽転数…。

 

ツベルクリン反応の判定が陽性になる可能性は一週間を境に増えてると感じていました。

※本来はBCGワクチン接種後二週間以内に検査をすればいいって言われています。それ以降はBCG接種によって結核菌に対する免疫が作られてると考えられるんで、判定の値が変わります。

 

でも決められるてこと。

 

どうすることもできず、ただ待つだけの2日間は私の精神状態を悪化させるには十分すぎました。

 

このあとツベルクリン判定の結果がでるまでの計4日間は、とてつもなく辛かったのを覚えています。

 

⬇ツベルクリン反応陽性の判定まで

赤ちゃんの結核。ツベルクリン反応陽性。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください