粉薬(結核予防薬)の飲ませ方2

結核予防薬を飲み始めてから3ヶ月が過ぎました。

 

赤ちゃんの成長はあっと言う間で、もう10ヵ月になるんでいろんなことがわかり始めて来てるんですよね。

 

さすがに薬も毎日飲んでるから準備し出すと見てるし、いざ飲ませようにも口を開けへんという…(笑)。

 

前は何とか笑わせて口が開いた瞬間を狙って飲ませてたんですけど、もうその手法では無理なときもあります。

 

参考までに前の記事はこちらです。

粉薬(結核予防薬)の飲ませ方。乳糖は無味無臭!

 

ここからは今現在の薬の飲ませ方を記事に書いておきます。

 

 

って言っても10ヵ月の赤ちゃんなら言い方は悪いですが、まだまだ簡単に騙せます。

 

必要なもの

お皿とスプーン、そして水。

 

方法

1.お皿に粉薬を出します。

2.人差し指(第一関節程)を軽く湿らせ、薬を捏ねます。

3.一塊にしたら人差し指にのせます。(のせにくければ親指と人差し指で摘まんでも大丈夫です。)

 

ここまでは今までと同じ。

 

4.反対の手にスプーンを持ち、離乳食をあげるように口元へ運びます。

要するにご飯を食べさせるフリをするんです。

これは歯ブラシでもストローで口を開けるなら何でもOK!

 

5.口が開いた一瞬の隙を狙って、薬を頬の内側に付けます。

 

この方法で我が子は今のところ飲めてます。

 

時々手で払いのけようとするんで要注意ではありますが。

 

それともう1つ注意点があります。

 

それは間違っても食べ物と一緒に薬を飲ませたらあかんっていうことです。

 

いくらまだまだ騙せる月齢とは言え、赤ちゃんだって賢いんですよね。

 

一度食べ物と混ぜてしまえば、次からその食べ物をイヤがる可能性が高くなります。

 

なので、特に食べて欲しいものと一緒にするのはダメなんです。

 

よっぽど味の濃い冷たいもの(例えばチョコレートアイス)なんかやと、味覚として薬の味がしにくくなるから混ぜてもわからんかもしれないですけどね。

 

さすがに1歳前のこの月齢では無理やしオススメするわけにはいきません。

 

ただこの手法のせいで、我が子は一時離乳食をスプーンで食べるのを嫌がってました。

もしかしたら薬やと疑われてたんかもしれませんね。

 

箸や手掴みで離乳食を食べさせることになっても、食べてくれないよりはマシです。

食材と混ぜて食べてもらえなくなるような手法だけは避けといて下さい。

 

それから、前回と同じになりますが泣いてる状態で押し付けたり無理矢理飲ませてはいけません。

 

吐き出してしまうし、何より今後の内服がもっと難しくなってしまうから。

 

 

もしこの方法が駄目になったら次はスポイトを試す予定にしてます。

 

ただ私はスポイトの先が尖っているのが気になるんですよね。

口の中の粘膜を傷つけそうなんであまり好きではないんです。

 

スポイトの先が丸くなってる物もあるんで、どうしても必要になったら購入を検討しようと思います。

 

 

それでも、指にしろスポイドにしろ口を開けてもらえるよう試行錯誤しながらやって行くしかないんですよね。

 

大事な薬ほど親も神経質になるし焦ってイライラすることもあります。

 

でも怒ったらあかんのです。

怒ったらますます薬の時間がしんどくなりますからね。

 

大事な薬やからこそ子供も親もストレスフリーに!

 

手を変え、人を変え、時には時間をあけ。

 

一歩ずつ、一歩ずつ。

 

 

潜在性結核感染症。最後の処方薬。

↗ブログのつづきはこちらです。

 

 

2 COMMENTS

綾鷹

はじめまして。コッホ現象で検索していて辿り着きました。
先日娘も潜伏性結核感染症と診断されました。こちらのブログを拝見してうちもかなって思っていての診断だったので覚悟ができていて冷静でいられました。ありがとうございました。

明日から投薬開始です!
薬の飲ませ方やってみます(´▽`)
お互い頑張りましょう( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

返信する
みかん

コメントありがとうございます。

同じ診断を受けられたんですね。

いろいろ複雑な気持ちだと思いますが、
このブログが少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

薬の内服は今できる一番大事なことだと思うのでお互い頑張りましょうね。

無理せず気負わず少しずつ(^-^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください