突発性発疹は熱が下がったあとも大変だった。

赤ちゃんが最初に熱を出す原因って、だいたいは突発性発疹って言われたりしてますよね。

 

はじめての熱で親もアワワワしたりするもんです。

 

我が子の事例を混じえながら、突発性発疹の熱やその後についての対処法をまとめてみるんで参考にしてください。

 

原因

ヒトヘルペスウイルス6型って呼ばれるウイルスによる感染が原因になります。

 

ただし、ヒトヘルペスウイルス7型って呼ばれるウイルスも存在してて、6型に感染したあと7型に感染してしまうケースがあります。

 

要は、ニ度突発性発疹に感染してしまうこともあるってことですね。

 

逆に感染してても症状が出ないこともあるんで、「突発性発疹にかかってない」って思うような場合もあります。

 

 

感染経路と時期

唾液にウイルスがいて、咳やくしゃみと一緒に飛び散ることで飛沫感染します。

 

一年のうちどの時期でも発症します。

流行期間はないんですが、お母さんからの免疫がなくなってくる生後6ヶ月から1歳の間にかかることが多いです。

 

我が家の子どもたちは3人とも夏から秋にかけての間に感染。

月齢は生後7ヶ月〜1歳半の間でした。

 

 

経過

ウイルスに感染してから1〜2週間後に発症します。

 

突然の高熱からはじまって、だいたい熱が3日〜4日程続きます。

 

この時点では何の熱かわからんので、他の症状がないかよく見てあげてください。

 

 

熱が下がると発疹がではじめます。

ここで、ようやく突発性発疹ってことがわかります。

 

発疹は、熱が下がってすぐから1日明けてくらいに出ることが多いようです。

 

その後3日程度で発疹はなくなってきて、あとも残りません。

 

 

発熱時の対処法

高熱のわりに機嫌が良いことが多いんですが、それでも熱はあるので“ごきげん”っていうわけにはいきません。

 

根本的な治療法がないんで、熱に対しても対症療法でしか対応できないんです。

 

発熱の関連記事はこちらです

家でできる子供の熱を下げる方法と受診の目安。

 

ちなみに我が子は高熱でぐっすり眠ることもできずしんどそうでした。

 

熱が下がる気配もないまま、ひたすら高い熱が丸3日…。

 

坐薬を使って一時的に熱を下げても数時間でまた高熱になってました。

 

発熱当日に小児科でもらった坐薬を計4コも使用してしまいました。

 

普段は熱が出ててもほとんど使わないんですが、さすがに寝れないのは体力の消耗が激しいんで見てられないですよね。

眠れないときは体力維持のためにも、用法を守って使ってあげてください。

 

熱自体は三日間出続けたあと、パタッと下がりました。

 

 

ちなみに高熱がでるんで、熱性けいれんを誘発することがあります。

 

もしけいれんが起きた場合はすぐに受診してください。

長くは続かなかったとしても、次の対処法も含め小児科でみてもらうのがベストです。

 

はじめての熱やと不安やと思いますが、子供の状態をよくみておくことが大事です。

 

 

発疹の経過(写真あり)と対処法

我が子は熱が下がってすぐには発疹は出ませんでした。

1日明けてから、ようやくうっすら発疹がではじめたんです。

お腹部分はまだ発疹がはっきりしてませんが、背中にはしっかり出ていたんで、これで突発性発疹やということが確定しました。

 

この翌日にはもっとしっかり発疹が出てます。

この発疹はかゆみもなく、本人も何とも思ってなかったようです。

メインはお腹や背中でしたが、顔や手足にも発疹は出てました。

 

熱も下がったのでお風呂も入って、いつも通り保湿ケアも行ってましたが、特別なことは何もしませんでした。

 

 

ただ、何って『機嫌が悪い』٩(๑`^´๑)۶

発疹が出てから不機嫌MAX。

しんどいのもあるからどうしようもないんですよね。

ひたすら抱っこで言いなりに近い状態で看病しました。

 

 

それと、ごはんを食べない(´;ω;`)

これは体力が落ちて食欲がないっていうのもあるんでしょうね…。

 

食事って想像以上に体力使うんですよ。

食べる動作はもちろん、消化機能を使うっていうのはエネルギーを消費するんです。

エネルギーを補給してるつもりでも、吸収する力がないんですよね。

 

だから下痢なんかも起こしやすかったりします。

案の定我が子も、ちょっと下痢気味になりました。

 

親としては熱も心配やけど、食べてくれへんってのも心配です。

 

好きなものを出しても手で払いのけるし、アレコレ食べたがるけど一口食べたら吐き出す…。

たぶん「なんか食べたい」って言う意欲はあったんやと思います。

 

とりあえずお茶と母乳は飲んでくれてたんですが、量もわかれへんし、ただひたすらこまめに促して、これ以上体力を消耗せんように尽くしました。

 

言いなりでいいんです。

元気になるまでは!

 

ひたすらお相手しながら、抱っこを繰り返して、寝不足と体力の限界が近づいてても我が子優先です。

 

もちろん代わって貰えるなら看病してる人も交代で休んで下さいね。

 

ちなみに発疹はなくなるのに5日ほどかかりました。

 

 

みかんの一言

赤ちゃんの時期に、高熱が出る代表疾患と呼べるくらいの突発性発疹。

 

熱が出た時点で、「もしかして突発性発疹かも?」なんて思う方もいるんじゃないかと思います。

 

私もそうでした。

ただ、経過を見ていかないとわからないんですよね。

 

今回事例に出したのは我が家の第三子なんですが、わりと典型的な経過を辿ってくれました。

 

でも、実は上の子二人は高熱が3日ほど続いて肝機能が少し悪化し、発疹はほとんどありませんでした。

 

熱の時点からあまりの機嫌の悪さにアタフタしたのを覚えてるし、採血までしたけど、結果「これ発疹!??」っていう微妙な結末やったんですよね。

 

なので、いろんな経過があるんやとは思いますが一つの参考にしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください