イスコチン予防内服開始。DOTSとは。

コッホ現象出現。

ツベルクリン反応陽性。

 

この2つの結果から、結核感染による結核の発症がないかの追加検査をしました。

 

レントゲン異常なし

それから、心配してたクォンティフェロン採血の結果も陰性でした(;´∀`)

 

結核の発症は見当たらなかったんで潜在性結核感染症って言う診断になります。

 

今後は結核発症を防ぐために予防内服を始めます。

そんで、副作用が出てないか、結核を発症してないかを定期的に検査してフォローしていくことになります。

 

どうやらこれはマニュアル化されてるようで、スケジュールを簡単に説明してくれました。

 

最終フォローが終わるのは2年後なんやって!!

予防内服

結核の発症を防ぐために、予防的に薬を内服することです。

 

小児は免疫力が弱いんで感染すると発症する危険性が高いんです。

なので予防内服した方が安心はできますよね。

イスコチン:結核箘の増殖を押さえる薬。半年間1日1回内服します。

ビタミンB6:イスコチンの副作用による手のしびれなんかを予防します。

イスコチンに耐性のある結核箘に感染してたら効果はないらしいんですが、現在の予防内服治療はイスコチンのみなんですよね。

どの薬に耐性がある箘かは、発症して箘を調べんことには特定できひんのです。

 

もし結核を発症してたら最低でも4種類くらいの薬は飲まんとあかんから、それだけでも大変ですよね。

 

さて、話は受診の続きに戻ります。

 

処方箋を自宅近くの薬局にFAXしてもらったんです。

でも、頻繁に使う薬ではないってことで在庫がなくってお取り寄せ。

 

夕方には無事届いたんで一安心しました。

 

それから、結核治療にとって最も大事な『薬をきちんと内服できているか』を確認するためのDOTSって言うものがあることを知ることになります。

 

DOTSとは?

正式名称は

Directly Observed Treatment Shot-course(直接監視下短期化学療法)と言うらしいです。

簡単に説明すると、きちんと服薬するためのシステム。

服薬手帳や内服した後の空袋を医療従事者が確認するそうです。

 

結核の治療は内服が主で、ここを確実にせーへんと本人の治療はおろか、多剤耐性結核箘ができてしまうからめっちゃ危険なんですよね。

※多剤耐性結核箘とはいろんな薬が効かなくなった箘のこと。薬で箘をしっかり閉じ込める(死滅させる)前に薬を止めてしまうことで、箘が薬に対して抵抗できる力を身に付けてしまうんです。

 

そうなれば今後その薬が効かへんから治療がめっちゃ難しくなる…٩(๑`^´๑)۶

 

これは抗生物質なんかの薬全般に言えることなんやけど、医師に処方された薬はきちんと飲み切るのが鉄則!

 

薬の管理はこんな感じです。

高齢者や独り暮らし世帯では飲み忘れなんかの可能性もあるし、管理は大事なこと。

 

私は薬ケースの曜日が見やすくて便利やと思ってます。ちなみにこのケースは保健センターで貰ったもの。

 

今のところ飲み忘れはないです。

 

これが半年続くんですが、厳密な内服管理が必要やから長いと感じてしまうんですよね。

 

かろうじで1日1回で済むから何とか続けられそうです。

 

参考までに、DOTS戦略と言うものがあります。

薬の内服をはじめ、さまざまなガイドラインがあるらしく、今現在の結核対策戦略となっています。

 

↓ブログのつづきはこちらです。

粉薬(結核予防薬)の飲ませ方。乳糖は無味無臭!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください