1歳。病み上がりからごはん食べてくれなくなったのは賢くなったから?

2ヶ月ほど前までは何でも食べてくれていたんですよね。

 

ちょっと体調を崩してから離乳食のペースが乱れ始めて、ついに唯一食べてくれていた白米までも拒否するようになりました。

 

第1子、第2子ともに食物アレルギーがあり好き嫌いも多いんです。

 

今回は何でも食べて欲しいと願っていたし、レトルトの離乳食は食べず、私の手料理だけを食べる第3子を誇りに思っていただけに…。

 

やっぱりあかんのか!????

 

おいしくないんか???

 

ということで試行錯誤してみました。

 

まずは離乳食を諦めました。

柔らかいものはおきに召さないようやったんですよね。

そしてそのせいかスプーンを嫌がるんです。

 

なので箸であげれるものに変更しました。

白米もおかずも箸なら口をあけてくれるですよね。

スプーンで食べてくれるのはヨーグルトのみでした。

 

なのに、しばらくするとお箸も嫌がるように…。

 

なんでぇぇ???

 

ってことで次は手づかみ食べならぬ、手づかみあげを試してみることにしました。

 

第3子はあまり自分で物を口に運ばなかったんです。

だから自分で手づかみ食べもしません。

顔から近づけて食べようとするタイプ 笑

 

なので、ためしに私が手であげてみたら食べてくれたんですよ。

 

白米もおかずも味噌汁の具まで素手で食べさせるのは何とも変な感じでありますが…。

 

まぁ、食べてくれるならいいですよね。

 

 

って言うか、ここまでくると体調が悪かったウンヌンの話ではなく意図的に拒否してるのがわかります。

 

その食べ物は嫌やっていう意思表示

 

ただ、まだまだ1歳。

 

食べさせ方を変えるだけで騙されてくれます。

 

そして、うちの子は食事にもうひとつのこだわりがあったんです。

 

それは、同じものは続けて食べない!!

 

まさかの三角食べ推奨者

 

上の子二人は三角食べが苦手やったんですよね。

なので勝手に私の頭が第3子もそうだろうと思っていたんです。

 

そして、わたしの思い込みがもうひとつ…。

 

おいしそうな離乳食すら食べないなら野菜なんかも食べないと思ってしまっていました。

 

10年以上も好き嫌いの多すぎる家族を見てきた結果、思考が固定されていたようです。

 

一口ずついろんなものを食べたいらしい末っ子。

見たことないものは必ず一度は口を開けます。

 

めっちゃ賢い!!

 

ただのゆで野菜をそのまま食べる?!!

 

偏った我が家の食卓が、第3子のおかげでもしかしたら少しまともになるような希望が見えました(。-_-。)♪

私にやる気を起こしてくれ~(他力本願でごめん)!

 

1歳児に手を変え、品を変え翻弄する母はまさに子供の言いなりですよね(・・;)

 

各家庭のやり方でいいと思います。

myルールで貫いてもいいし、少々ブレても子供は育ちます。

 

って思っても自分が思うように育ってほしいし、言うことを聞かせたくなるのが人間なんてすけどね…。

 

むしろ小さい子供の方がブレずに自分に正直でmyルールを貫けます。

 

いやはや、完敗!!

 

 

でもね、子供が元気ならそれでいいんです。

今が幸せであることが一番です。

 

できることだけ。

できることから。

頑張れるときに頑張ることにします( ゚ 3゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください