粉薬(結核予防薬)の飲ませ方。乳糖は無味無臭!

潜在性結核感染症と診断されたんで、結核についてちょっとは勉強しました。

 

さて、ここからはやっと治療開始。

 

って言っても、箘が検出されたわけではないんで予防的内服になります。

 

これでホンマに発症を防げるかどうかは2年後の結果次第。

 

 

とりあえず

今できることは確実な内服をさせること。

 

これが案外難しい…。

薬の管理については前にも書いたんで省略しますが、私が忘れんようにすれば問題ないんです。

 

問題なのは薬を確実に内服させるための方法です。

何て言ったって赤ちゃんやから、薬の重要性なんか知ったこっちゃないですよね。

 

まずけりゃ飲まへんし、口も開けへん。

 

無理矢理飲ませようにも泣かれて暴れられて、吐かれたら終わりなんです。

 

何としてでも“ゴックン”させないといけない。

って言う強迫観念に囚われたような気持ちでした。

 

上の子二人も薬の内服には悪戦苦闘した記憶があります。

シロップ薬すら飲ませられへんくて、ストロー付きのジュースの中にスポイトで薬を入れてカモフラージュしたこともあったんですよね(笑)。

 

薬のベストな飲ませ方は子供にもよるんで一概には言えませんが、私は指で捏ねて飲ませる方法を選択しました。

ただこれは水分量の調整が難しい!!

 

ベストな量は指が少し湿る程度

 

水を2滴も垂らせば粉がシャバシャバになってまとまらんくなるんで、ホンマに微量で調整して欲しいです。

 

薬がまとまったら、お口の横にinします。

 

イスコチンとビタミン剤なんでだいたい3回くらいで飲みきれるはずです。

 

薬剤師さんの配慮??

で、イスコチンの量が微量やってことで、乳糖を追加して調合してくれてたんですけど、薬より乳糖の量の方が多かったんです。

※たぶん少なすぎたら正確に調合するのが難しいから入れてるんですけど…。

 

ちなみに乳糖は薬ではないですよ!

これって本来必要な薬ではないので、医師が処方した処方箋には記載されてません。

なので、気付いたら「これいる?」って気になりますよね。

 

トータル量が多くなって、口に運ぶ回数が増えるのはどう考えてもイヤやったんで、乳糖なしで調合できるんか確認してみました。

 

じゃあ、なんとかギリギリやけどできるって言う返事!!

 

配慮は二の次でいいんで、確実に飲ませることを優先させることに決めました。

 

絶対1回で口に入れる方がちゃんと口に入れられるって言う自信はあったんで 笑

吐かれたらその時点で必要量より減りますもんね。

 

次回からは乳糖を抜いてもらうようお願いしたので、もしかしたら口に入れるのは一回で済むかもしれません( *´艸)

➡結果、一回で済むようになりました。

 

もし、医師が処方した薬以外で乳糖が入ってる場合は、減量可能か問い合わせてみるといいかもしれません。

量が減って飲ませやすくなることもあります。

 

ちなみに乳糖は無味無臭なんで減らしたからって味の変化はないと思います。

あるとすれば乳糖以外の薬の味が薄くなるかどうかくらいのはず。

 

 

さて、薬の内服にプレッシャーを感じてた私。

検索魔と化していたんで、飲み忘れたら『気付いた時点で内服』とか『30分以内に吐いたら飲み直し』なんかの情報に捕らわれていました。

かなり神経質になってたから、飲ませる時の顔は怖かったかも(・_・;)

 

でもね、医師は意外に気楽でした。

 

「まぁ、飲み忘れることもあるよね」、「吐いてもそんなに飲み直すことないよ」やって。

 

そんでもって、

「イスコチンにもともと耐性のある結核箘なら効かへんし…。」

 

って、おいおい

 

ツッコミたくなったんですが、ちょっと肩の力が抜けて良かったです。

 

薬を捏ねたやつをシンクにポトッと落とした一回分も、笑って「いいよ」やって。

 

予防内服とはこんな感じです。

でも今のところ順調に飲めてます。

 

変な話、何にもわからん赤ちゃんでよかったと思ってます。

ある程度拒否できる2歳前後ならもっと苦戦してたはず。

 

とりあえず今は薬を嫌がるけど、笑って口が開く瞬間を狙って飲ませてるんです。

 

難しいし、根気もいります。

 

でも、イライラするのは絶対に良くないですよね。

無理矢理飲ませても良いことなんてないんです。

やったらちょっとでも楽しく飲ませたいと思いませんか?

 

子供も私もストレスフリーに!!

(1日1回の内服だから言えること( ゚∀゚))

 

 

粉薬(結核予防薬)の飲ませ方2

↗この方法で飲めなくなってきたらこちらを参考にしてみて下さい。

 

結核受診経過。接種後89日目のコッホ現象痕。

↗ブログのつづきはこちらです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください